株式会社ビズ・ジャパン ホームページ簡単更新
Web24は<効果的なコンテンツ制作>と<ブラウザから簡単に更新できるシステム>との両面からサポートいたします。
ya サイトマップ ya 個人情報保護方針 ya 会社概要 ya お問い合せ
ブルーライン
主な研修プログラム:タイトルバナーイメージ
2
課題策定・問題解決力向上研修
課題策定・問題解決力向上研修:図
プログラム
開発の背景
リーダーが成すべき中心、それが「問題解決」であることは言うまでもない。さらに加えれば、設定型問題解決(将来への飛躍に向けたコンセプト・計画づくり)こそリーダーの本領とすべきところであり、そこではマーケット起点の発想とイメージ力、そして解決策を導き出すための論理性が求められている。しかし、現実はどうか。残念ながら十分に整っているとは言いがたく、ひいてはそれが組織の前進する力を弱めている。
ねらいと内容
基本となる考え方を学び実習に取り組むことにより、設定型問題解決のスキル強化を図る。学習内容は以下のとおりである。
3C(Customer、Competitor、Company) を通した環境分析から基本コンセプト(誰に、どのようなベネフィットを提供すべきか)の導出。
目標の解決策への論理的展開。
解決策の実行にあたって障害となる現状の問題発見。
問題の原因分析とその解決策策定。
研修受講により期待される効果
設定型問題解決の実践にあたっての姿勢・スキルが開発されるが、具体的には以下の事柄が期待される。
顧客(マーケット)本位の姿勢や考え方が強化される。
リーダーとしての自覚が強化される。
正しい判断を妨げる思考の癖が是正される。
ゼロベース思考(目的本位の発想)の必要性が意識される。
フレームワーク思考(多側面から観察する姿勢・思考)が充実される。
対象者 中堅社員、管理者、経営幹部
プログラムの概要
(事例研究中心)
  1. リーダーとして取り組むべき問題解決
  2. 問題と課題
  3. 設定型問題解決のフロー
  4. 3Cによる環境分析と提供価値確定に向けての基本的な考え方
  5. 基本コンセプトの策定と実現に向けて不可欠な条件(解決策)展開(Howツリー)
  6. 現状認識と問題発見、原因分析(Whyツリー)
  7. 解決すべき原因の課題化と目標設定
  8. 実行計画の策定
next up_ya
このページのトップへ up_ya